*酒さ様皮膚炎*なんじゃそりゃ!!完治への道☆彡

2017年4月 なかなか治らないニキビ…実は酒さ様皮膚炎だった!!鏡を見て凹む日も(多々)あるけれど、前向きに日々過ごしたい二児の母。Twitter @Asaponco122

‪酒さ様皮膚炎への道 ~その2~

真っ赤に腫れ上がった顔

日に日に増す痒み


もう耐えられません( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

しかし、同じa病院を受診する気にもなれず、ネットで評判のよかった自宅から20分の距離にある皮膚科(b病院)を受診することにしました。


b病院でa病院での出来事や貰った薬、合わなかった薬の話をしたところ、「とにかく、今の痒みを取ってからニキビの治療をしましょう」となりました。


ここで渡されたのが…


メサデルム軟膏


そう…

もうお気づきかと思います。


はじめての受診で「顔」に「メサデルム」です(笑)

ステロイド剤のなかでも第二群に入るほどの強さです。



«あの時»の自分に今の知識があれば絶対に塗ってません。

時間を巻き戻せるなら戻したい。

何度後悔したことか。

たぶん…たぶん…

この時点ではダラシンによる接触皮膚炎だったと思います。



何も知らない私は「良く効くからね」と言われそのまま、その日から痒みの強い場所に塗りました。


そうするとどうでしょう!!!!!

当たり前の事ですが、痒みどころか赤みも無かったことになってるではありませんか!!!!(笑)

私は「治った」と思いました。

凄い!やっぱり評判の良い病院は違うなぁとも思いました。

その後、起きる皮膚炎の始まりとも知らずに_| ̄|○ il||li



メサデルムを塗るのを辞めるとまた赤みが出て痒みが出始める…

で、また塗るの繰り返し。


またb病院を定期受診。

治らない痒みと赤みとニキビ。


その後、出された薬は


シナール

プラビタン

パントシン

の3種類のビタミン剤



新しく

リンデロンvg

ヒルドイド


その後も、アンテベートや様々なステロイド剤を処方されました。

自宅には何て言われて渡されたのか分からないステロイド剤がゴロゴロ転がっています。


もうステロイド漬けの日々です。

その期間約8ヵ月。


そんなステロイド漬けの日々から


«突然»


「これって何か違うんちゃう??」

「ちょっとヤバいんちゃう?」


という出来事がやってきました。



次回は酒さ様皮膚炎と診断が下った衝撃の日を書きたいと思います。


では♡


love,

pon*co