*酒さ様皮膚炎*なんじゃそりゃ!!完治への道☆彡

2017年4月 なかなか治らないニキビ…実は酒さ様皮膚炎だった!!鏡を見て凹む日も(多々)あるけれど、前向きに日々過ごしたい二児の母。Twitter @Asaponco122

ビタミン剤 止めましたのお話

こんにちは!

とうとう梅雨入りしましたね〜。

雨が降りそうで降らない、なんともややこしい雲行きです。

 

さて☆彡.。

表題のとおり、ビタミン剤止め(辞め)ました。

 

f:id:syusaponco:20170611211021j:image

 

と、いうのもビタミン剤に対する意識が変わったからです。

 

以前の私は、ビタミン剤はボロボロに傷んだ皮膚の再生に役立つとか、皮脂を抑えるとか、いろいろな効果が得られると思っていました。もちろん、皮膚科の先生(a,b,c病院)も「とりあえず飲んどけ〜」とたんまりとビタミン剤を処方して下さいました。

まだニキビだと勘違いしていた頃は、二倍量を朝昼晩の3回飲むように勧められたくらいです。

 

とにかく、

«肌荒れ=ビタミン剤飲む»という方程式が一般的に一般社会に出来上がっているようです。

 

病院で処方されずとも、ドラッグストアでD〇Cさんやネ〇チャーメイドさんなどいろいろな企業さんからものすごい数のサプリメントが販売されています。いつでも欲しいサプリメントが気軽に手に入る時代になりました。

 

 

しかし、今通院しているd病院の主治医は抗生物質(飲み薬)と漢方薬しか処方しません。

 

で、

不思議に思って聞いてみたんです。

 

「先生。私は今までいろいろな病院を渡り歩いてきましたが、今までの病院みんなビタミン剤を処方してくれていましたが、何故先生はビタミン剤を処方しないのですか?」と。

 

先生はおっしゃいました。

効果がないからです。むしろ推奨されていないからです。

 

まさに目からウロコ状態ヽ ( ꒪д꒪ )ノ

 

ビタミン剤神話がガタガタと崩れ落ちました(笑)

毎日、二倍量飲んでた私って何?と(笑)

 

続けて、先生はおっしゃいました。

「現在の日本の皮膚病に対するビタミン剤に関する医薬ガイドラインではc1もしくはc2のレベル。つまり、効果もなくむしろ害となっているんですよ。」

「本当にビタミンが足らない方なら飲むのは理解できますが、毎日の食事がきちんと取れている方が飲む理由がわかりません。ビタミンが取れている人間が、それ以上にビタミン剤を服用してもそれはなんの意味もなく、酷い場合は肝臓などに負担をかけたりします。βカロチンなんて肺がんのリスクを高める臨床結果もあるんですよ。」

 

 

「ですので、たとえニキビの方だろうと、pon*coさんのように酒さだろうと私はビタミン剤は処方しません。どうしても処方して欲しなら処方しますよ?どうしますか?」

 

私…

「飲んでも、効果が無くむしろ害ならばいらないです(笑)」

 

というやりとりが先日の定期検診でありました•*¨*•.¸¸♪✧

 

自宅に帰り、「日本皮膚学会ガイドライン」を読みました。まさにCQ40に明記されています。サプリメントは推奨しないと…

(出典先:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/acne_guideline2017.pdf )

 

しかも、先日、アメリカのジョンホプキンス大学の教授らがサプリメントに対する論文を発表しました。表題がまた…衝撃です。「Stop Wasting Money on Vitamin and Mineral Supplements」つまり、「ビタミンやミネラルサプリメントにお金をつぎ込む(無駄にする)のは止めよう」です(笑)

 

論文の内容を要約すると

心臓血管疾患やガン、認知症や言語記憶、心筋梗塞、いずれに対してもビタミンやミネラルなどのサプリメントは効果がなかった。過去の研究から、ベータカロチンが肺がんリスクを高める可能性や、ビタミンEや高容量のビタミンAの摂取が死亡率を高める可能性などが明らかになっているため、安易な摂取は避けるべき。唯一ビタミンDに関してはさらなる調査が必要であるが、サプリメントの健康効果に関する議論は終わった。

(出典先: http://annals.org/aim/article/1789253/enough-enough-stop-wasting-money-vitamin-mineral-supplements )

 

ここまではっきり、キッパリ言われると潔いですね(笑)

 

これまで、サプリメントってどうなん?っていう議論が各国でされていた(現在進行形?)のですが、もう一つ衝撃なのは、フィラデルフィア小児病院では、サプリメントの安全性や効果を証明できないということで院内薬局でのサプリメントや健康食品の販売を禁止し、サプリメントによるリスクを説明してもなお摂取を希望する患者の親(小児病院なので患者は子供ですね)には病院側の免責を認める証書への署名を義務付けました。

(出典先: http://www.chop.edu/news/chop-updates-policy-dietary-supplements )

 

ってことは、

サプリメントなんてなんの効果もなけりゃリスクしかねーよ╭(°A°`)╮」と各国が言っているようなもんですね。

 

サプリメントに対する論文や臨床結果を読むにつれ、サプリメントをこれからも飲み続けていく理由が見つからなくなってしまいました

 

というわけで、サプリメントを止めて4日ですが止めたからといって肌が荒れるわけでもなく、皮脂が異様に出るわけでもなく。

止めても飲んでいた頃と何も変わりません。1ヵ月ほど止めたらボロボロになるのでしょうか?これはこれで楽しみであります(笑)

 

また1ヶ月後にサプリメントを止めて…の感想をアップしたいと思っています(✿˘艸˘✿)

 

(サプリメントに対する考え方は人それぞれ。主治医の考えもそれぞれ。ご自分に合った治療方をご選択下さい。)

 

 

では♡

 

昨日、何気に入ったペットショップで、小さなケージにショップの隅に追いやられていたラブラドール(生後8ヵ月?)が可愛そうで、何とか助けて(家に迎えたい)やりたいと考えているpon*coでした。

あんな小さなケージにあんな大きなラブラドール…可哀想過ぎます…

しかも、ワクチン3回終わっているのに散歩にも連れて行ってあげてないないらしい。

 

love,

pon*co